fc2ブログ

Vtuber 天野ピカミィ卒業に関するあれこれ 自分の言いたい事 

どうも、なっくるです。
自分自身も存在を忘れかけていたブログ、久々の更新です。

タイトルの通り、Vtuber 天野ピカミィ卒業について、
VOMS Project企画段階から見守らせていただいている、
一人のリスナーとして、天野ピカミィのファンとして、
現在彼女の卒業を取り巻く状況について、
少しお話をしたいなと思い、更新しました。

拙い文章になるとは思いますが、気になる方だけ見ていただければと思います。
うろ覚えな部分も多く、卒業後にも影響が及ばないように濁した表現も使わせていただきます。


現在、某ゲームに関して騒がれている問題が卒業の原因と考える方や
直接的ではなくとも決定打に繋がったんじゃないかと
憶測をしている方が多くいらっしゃるかと思います。
初配信から彼女の活動を見てきたリスナーの私個人としては、
それらの考えは全て間違いだと思っています。

私の覚えている限りでは、過去にピカミィ自身が好きなキャラクター
(特定のキャラではなく、好きなキャラクターのタイプ)について発言をした際に、
一部の方々が反応し攻撃的な行動を取った経緯があります。
いつ頃の配信だったかは覚えていませんが、数年前です。
その時から既に「好きな事を好きと言う」事に対して、
少なからず恐怖心や周りへの影響を考えるようになっていたと思います。

その後も彼女の本位とは関係なく、発言や配信に使用したタイトルなどに関連して、
同じような人々が事あるごとに彼女を攻撃してきたと思います。

ですが、そもそも卒業の原因がそれらの影響かどうかも憶測でしかありません。
もしそうだとすれば、原因や決定打となったのは、
某ゲーム関連の騒ぎではない可能性が高いと考えます。
年単位で苦しんできた事ですから、
卒業を決めたのは代表のGYARIさんが仰った通り、
もっと以前から決まっていたことだと思います。

楽しいコンテンツを作るのがGYARIさんのモットー。
それを見守る私達も出来るだけ今回の卒業を前向きにとらえて、
最後まで応援できればと思います。

ですので、もし私と同じファンの方がこれを見ていましたら、
「卒業しないで!」「無期限休止には出来ないの?」
「せめて転生してほしい!」と色んな気持ちがあるとは思いますが、
この活動を”天職”だと言ってくれた彼女自身が「卒業」を決めたんです。
きっとやめたいわけじゃないと思います。
それでも、決めたんですから、温かく最後まで背中を押してあげましょう。
ファンであっても引き留めるのは無粋ですし、
苦しい思いを長引かせるだけかも知れません。
なので「前向きな卒業」だという事を信じて、
今伝えたいポジティブな気持ちを本人に伝えましょう。

私も大分ネガティブ思考なので、結構我慢していると思います。
それでも、泣いてるピカミィより、笑ってるピカミィが見たいじゃないですか。
だから「最後まで楽しく推そう」を何度も頭に思い浮かべながら、
引き留めたい気持ちはグッとこらえてます。

同時に某ゲームに関係する界隈の方への
苦言や文句も出来るだけネットに載せない様にしましょう。
卒業後もその人達に悪い方向でピカミィが
いじられ続けるようなことが少しでも減るように。

以上、長文失礼しました。
スポンサーサイト



2023/03/07 Tue. 18:00 [edit]

Category: 未分類

TB: 0  /  CM: 0

top △

【雑記】最近の生活 

どうも、不定期に現れる私です。

タイトル通り最近の生活についてなんですが、
仕事もコロナ騒動以降は在宅勤務になりまして、
楽な一面もあれば自分自身でやる気をコントロールしなければいけないので
その点は凄く大変であり、しんどい状況が続いています。

今は相変わらず動画編集をサボり続け、
ゲームすらあまりやらなくなり、
自分からのアウトプットが本当に無くなっている状況です。

それ自体は在宅勤務以前からの事だと思うので、
あまり変わっていないと言えば変わっていないのですが、
やはりコロナ騒動が拍車をかけた感じはありますね。

そんな何もやってない私が最近何をしているかというと、
もっぱらVtuberの配信見てるだけって感じでございます。

ホロライブの大空スバルちゃんを最推しとして、
ホロライブを箱推ししつつ、
VOMSの天野ピカミィちゃんを最推しとして、
VOMSも箱推し。

それだけでも人数が人数なので、
配信見てると他の事する時間が無くなるレベル。
観たい気持ちを抑えてやることやらないといけませんね。

なんとなくアウトプットする事も無かったんですが、
ブログは更新したかったので無計画に書いてしまっているのですが、
日々一人訪れるかどうかのこの不毛の地に
布教活動として推しの事を書いておこうと思います。

最推し ホロライブ2期生 大空スバル(以降敬称略)
ボーイッシュな見た目のマネージャー娘。
とにかくポジティブで本人は陰キャと言ってますが、どう考えても陽キャのそれ。
元気の塊そのもので、そこにいるだけで周りを元気にしてしまう絵に描いたような子。

お笑いセンスも持ち合わせているため、アイドルよりも芸人と言われていましたが、
初ライブを経てアイドル力が高まり、今では芸人扱いの比率も以前よりは減ってきている。
とは言っても、デビュー最初期をはじめとした芸人時代のネタが
未だに彼女のキャラクターを構築している部分は多く、
代表ネタともいえるスバルドダックは海外勢からも認知されているため、
海外ニキからは通称「Duck」と呼ばれることも多い。

積極的にコラボするタイプでもある為、本人を中心に他のホロライブメンバーや
他のVtuberを知る機会も多々あると思います。

ホロライブ以外で代表的なコラボ相手は、
にじさんじ所属 舞元慶介
大空スバル デザイン担当(いわゆるママ) しぐれうい(イラストレーター)
の2名になると思います。
スバルを含めたこの三名は「大空家」という名称でコラボする事が多く、
しぐれういが母親、舞元慶介が親戚のおじさんという立ち位置で、
騒がしくも微笑ましく楽しくも恐ろしい自分たちの身を削った地獄企画を多数配信しております。

ホロライブメンバー内では、大神ミオとの絡みが多い。
常に配信外でコラボの企画や相談をしていたり、
ホロライブ内でスバルにとっては頼れるお母さんのような存在。

その他、白上フブキ、百鬼あやめ、大神ミオ、大空スバルの4名で、
「FAMS」というグループとして活動する場合もある。
そこに猫又おかゆ、戌神ころねを追加し「OKFAMS」となる場合もある。

最近ではツイッターに投稿されたファンアートをきっかけに
後輩に芸人圧をかける圧キャラが定着している。
いずれもネタとして周りは扱っているが、
当の本人は圧キャラ脱却を割と本気で目指している様子。

声の幅は広いが、ASMRは大の苦手。
ウィスパーボイスが出来ずガビガビした声で収録した個人ボイスは
公式より「新感覚ASMRボイス」としてBOOTH販売されている。
ASMR配信で代表される発言は「ざざなみのおど(さざ波の音)」が伝説。

と、書いていると延々長くなりそうなので、この辺りにしておきましょう。
最後にYOUTUBEチャンネルとtwitterを貼っておくので、
ここまで読んでくれた猛者は興味があれば
高評価、チャンネル登録、ツイッターフォローしてあげてください。
大空スバル YOUTUBEチャンネル
大空スバル ツイッター

それではまたぁ~

2020/07/12 Sun. 00:08 [edit]

Category: 雑記

TB: 0  /  CM: 0

top △

もうすぐ僕らのGRANDIAが帰ってくる! 

GRANDIA
SSで発売され、PSにも移植された不朽の名作。
私のゲーム人生で一番「冒険した」と感じさせてくれた名作中の名作。
このゲーム以上に冒険を体感出来たタイトルは存在しない。
今後も一生出ないと思う。

勿論発売されたら即購入しますが、今の自分に再度プレイするモチベーションが保てるのか心配。
年々脳筋に磨きがかかり、物理で殴ってれば倒せる戦闘じゃないと先に進めず、
延々その場でレベル上げして飽きてやめてしまうパティーン。

弱点や属性、スキル等々、昔であれば楽しんでそれぞれの要素をプレイ出来ていたのに、
今では考えることが面倒になってしまい、つまらん大人になってしまったとつくづく思います。
なので、今の目標は今一度GRANDIAをプレイしてちゃんとクリアする!
あの頃の感動をもう一度自分でプレイして体験したい。
人がプレイしている動画を見てやった気になって満足するいつものそれにはなりたくない。

だから頑張ります。
必ずやGRANDIAをクリアする!
青春を取り戻す!
GRANDIAⅡは…気が向いたらやります…

それではまたノシ

2020/03/18 Wed. 01:46 [edit]

Category: ゲーム

TB: 0  /  CM: 0

top △

あなたの好きなテイルズオブファンタジアは? 

「あなたの好きなテイルズオブファンタジアは?」

どうも、私です。
最近ふとテイルズなんかやりたいなと思ったんですが、
振り返ってみると98年冬のファミ通にあったゲーム体験版だったかな?
PS版テイルズオブファンタジアの体験版が初めての出会いでした。
マリーのアトリエだったか、エリーのアトリエとかも入ってた記憶ですね。

それはさておき、みなさんはテイルズオブファンタジアでどれが好きですか?
SFC版、PS版、GBA版、なりきりクロスエディション版。
細かく言えばPSP版は2種類あったり、iOS向けアプリ版とかもありますが、
仕様やストーリーの違いはこの4種類ですかね?

私はファミ通体験版で初めてプレイしたのが出会いだった事もあり、
PS版が自分にとってのTOPです。
SFC版からプレイしていればまた違ったのでしょうが、コレは出会いの違いだと思います。

GBA、クロスエディション版については、プレイアブルキャラクターに違いがありましたが、
個人的にストーリーに深入りし過ぎてしまって、そこまでやるなら小説とか
別の媒体で保管してもらった方が良かったっていう感想でした。

SFC版からするとPS版も追加キャラおるやんって感じだと思うのですが、
そこから始めちゃいましたからね。
でも、GBAはPS版+2キャラ追加だったと思うのですが、
クロスエディションはPS版+1キャラ、尚且つGBA版で追加されたキャラは
出ないっていう感じだったと思います。
どうせなら全員出てくればいいのに、ハードによってキャラが違うっていうので、
なんか違和感覚えたりしたのもあって、やっぱりPS版かなって思いました。

まぁ、ベースが良いので、どのバージョンもそれぞれ良いのですが、
TOPは色々リメイクされているからこそ、その中でも好みが分かれたりして、
改めて良い作品だなぁと…しみじみ思うわけです。

ゲームの小説ってTOPしか買ったことないです。
テイルズ作品でどれが一番って言われたらやっぱりTOPですねぇ。
初代にして最高の作品、ただ唯一リメイクを繰り返す中で私はずっと思っていることがある。
なぜTOEベースでTOPをリメイクしないのか…

TOEをプレイしたTOPユーザーであれば、みんなが思ったことではないかと。
あのグラフィック、あの操作感、あのクレスを使いたい!遊びたい!
絶対そう思ったと思うんですよ。
ナムコは何故それをしなかったのか…

クロスエディションは正直戦闘システム的にはステップとかいう
どうでもいいむしろいらないシステムを導入したりして、
もう変にシステム追加しないでくれと残念にも思ってました。
それでも、なりきりクロス自体はそこそこ面白かったので良かったですけどね。
コンボの時の追尾とか、移動制御が凄いやりにくかったですけど、
技ガンガン出せて楽しかった覚えがあります。

またプレイ出来る機会があれば、いつかプレイしたいですね。
今度ベルセリアまたやろうかな(゜-゜)
それでは~ノシ

2020/03/04 Wed. 02:38 [edit]

Category: ゲーム

TB: 0  /  CM: 0

top △

ゲーム雑記 

どうも、私です。

UNIRL clrが発売されて数日経ちましたが、連休にもかかわらず全然触っていません。
特別な理由はなく、単純に活力が無いので、休日は何もしていないだけなんですけどね。
やるゲームも気分によってすぐ変えてしまうので、
同じゲームをクリアまで続けるっていう事が、年々出来なくなっています。

とりあえず、今日はSwitch版のGジェネレーション クロスレイズをプレイしたのですが、
本当にいつになったらエラー落ち治るんでしょうか?
2月12日にVer1.30が配信されているようですが、
本日やっていて既に3,4回落ちています。
オートセーブが各ターンに入る仕様なので、
少なくともターンの初めからクイックロードで再開することは可能ですが、
何回も起動しなおしてロードする作業は中々面倒です。

シミュレーションゲームという事も相まって、
行動させたユニットの再配置をする事はまだいいとしても、
戦闘の結果が変わってくると面倒だけの話ではなくなります。
もう少しこのエラー落ちについて、メーカー側は深刻な問題と捉えて、
追加DLCとかではなく、エラー修正のみのUpdateをもっと上げてほしいと思います。

あと、個人的には今回追加されたグループ派遣機能はめちゃくちゃいらないです。
ポケモンでもポケジョブといった要素がありましたが、
アレはモンスターボールにそこまでお金も掛からないですし、
使いたいポケモンを集めればそこまで苦労せずに
好みのパーティが作れるゲームだからこそありだと思うんです。

周回してもお金が溜まりにくく、
弱いユニットをとりあえず捕獲して、
仮のグループを作って派遣させるような状態から
正直グループ編成するのが面倒です。
登場させるキャラクターが足りなければ、
それもお金がかかる訳で、私のプレイスタイルからすると
凄い面倒なゲームになっています。

勿論、とりあえずエディットキャラクターを作ったりしながら、
仮のグループを編成して、派遣する事で効率を上げないと、
グループ派遣というシステムの意味が無いので、
ただの宝の持ち腐れでしかないのは分かっているんですが、
昔のGジェネの方が自由度があったと思っているので、
段々と不要なシステムが増えてきたなと感じます。
グループ派遣システムを追加するくらいなら、
ボーナスステップの制限を解除したり、
レベル上げ、周回速度を速めるようにした方がいいと思っています。
現代に流れに沿ってシステムを変えているようにも感じますが、
単純に昔のGジェネを知っている分、面倒にしか感じません。

レベル上げDLC等が最終的に出てきた事もありましたが、
前作のジェネシスの方が断然遊びやすかった気がします。

遊撃グループのシステムは新しい試みで、今作の中では良かったと思います。
ただ、Gジェネに絶妙な戦闘バランスを求めていないので、
HPとENの回復率についてはもうちょっと回復して動く易くさせてほしかった。
同じOPの重ね装備も出来ないし、強化ポイントの振り分け以外で
特定のステータスを特化させることも出来ない。
ホント遊びにくいゲームになってるなぁと思います。

思います。思います。ばっかりですけど、ホント思います。
まぁ、OPでENや火力特化にして、ボーナスステップ無限で、
1体だけすぐ強化してそいつでほぼ全クリみたいになっても、
ゲーム制作側としては、求めているゲーム性ではないでしょうね。
もっと色々遊んでほしいでしょうし、時間をかけてほしいでしょうし、
それも分かるんですが、1体では突破させないためにあるようなクリア条件や
ボーナスステップ制限、グループ派遣システム等々、
シリーズを重ねるにつれて、ロマンよりもゲーム性重視になってきているのが、
ロマン重視の自分にとっては正直つらいものがあります。

ただでさえ社会人になってそこまでゲームに時間を使えない訳ですから、
昔のようにユニット、キャラクター共に成長させやすいゲーム性であってほしいです。
それにエラー落ちがあるせいでやめたい時にやめられない。
もう一回あそこまでやりなおさなきゃってなったり、
逆に中断しても再開する気がなくなったり。
やりたいのにやる気が削がれる感じになってて、もうロマンだけを頼りに続けてる感凄い。

このまま同じ事言い続けてもあれなので、ここらへんで終わりにしましょう。
文字だけではなくって以前のようにスクショや動画なんかも挟めるようになりたいですね。
そういうところから一つ一つ出来るようにしていきましょう。
それではまた~ノシ

2020/02/24 Mon. 23:22 [edit]

Category: ゲーム

TB: 0  /  CM: 0

top △