スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

PS Vita用ソフト SUPER BEAT XONiC 体験版をちょこっとプレイしてみた 

韓国産リズムゲーム「DJMAX」の精神的後継作とも言われているPS Vita専用ソフト「SUPER BEAT XONiC」の体験版をプレイしてみました。
以前から気にはなっていたのですが、手を出していませんでしたが、最近スマートフォン用の音ゲーに少々はまり始めたこともあり、久々に音ゲーに手を出したわけです。
タッチ操作だったら何となしに出来るだろう、という軽い気持ちでやってみたのですが、予想外の難解さに手も足も出ず…

amarec(20160321-050936).jpg

本作はDJMAX同様にボタン数が少ないからと言って難易度が低いというわけではありません。
押すボタンが少ない事自体の簡単さはあっても、ポップンミュージック等の5ボタンプレイのような「9ボタンで本格プレイするまでの練習モード」という位置づけではありませんので、そのあたり日本産音ゲーの感覚が抜けない方は甘く見ないほうが良いかもです。
とは言ったものの、音ゲーはゲーム自体の操作が身体になじめば経験者だったらある程度出来るはず。
私もそこまでうまくありませんが、全盛期ではポップン8~10あたりの時代EX38くらいの曲はPSコントローラーで出来ていたわけで、下手なりに出来ていた方だと思っているんです。

と、余談が過ぎましたがこのゲームをプレイしてみて思ったことは、「ボタンが横配置ではなく縦配置になるだけでここまでわからなくなるもんか」という事。
こんなに脳みそが混乱するとは思いませんでした。
それぞれ以下の画像のようにボタン操作とタッチ操作両方にほとんどのノートが対応しています。
唯一対応していないのは6Trax Fxで使用されるLRのノートのみになります。
amarec(20160321-051743).jpg
amarec(20160321-051751).jpg
amarec(20160321-051758).jpg
amarec(20160321-051805).jpg
amarec(20160321-051813).jpg
amarec(20160321-051821).jpg
amarec(20160321-051828).jpg
amarec(20160321-051835).jpg
amarec(20160321-051851).jpg

通常のノートとているノートについてはどこにでもあるチョン押しと長押しですね。
スワイプノートはスティックはじき、スクラッチノートはステックの上下入れっぱなし操作。
しばらくスクラッチノートの操作を、画面の位置に合わせてスティックで追従するものだと勘違いをしていてまったく押せていませんでしたが、チュートリアル見直してあほな間違いに気づきました。
タッチ操作では位置を追従しながらスライドするので、スティックも同じだと勘違いしていた次第です。
最初は、ボタンにスティックにタッチ操作と指が忙しくてかなわんと思っていましたが、スクラッチノートの謎が解けた段階で、タッチ派かボタン&スティック派に分けられる事がわかりだいぶ簡単に思えるようになりました。

放送だったり記事に載せたように画像を貼りたい事もあり、VitaTVでやってみたのですが、PS3コントローラーでLRがL2R2の対応に何故かなっておりちょっとやりにくい部分もあります。
まぁ、DJMAX系はLR操作が入ると画面が見づらくて普通の6キーの方が楽しいっていうところがあるんですけどね。
まだ6Traxに慣れていませんが、音ゲーとしての楽しさはしっかりとありますし、M2U等韓国アーティストも普通に参加しているみたいなので、やはりDJMAX好きな私としては馴染み易い。
という事で発売してからしばらくたっていますが、今更ながら製品版購入しようかと思います。
スポンサーサイト

2016/03/21 Mon. 05:42 [edit]

Category: ゲーム

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://nakkurunoheya.blog133.fc2.com/tb.php/172-fac5fbb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。